So-net無料ブログ作成

「扶養の範囲で働く」の落とし穴 [TOPIX・雑感]

「扶養の範囲で働きたい」
就労支援の現場で、多く耳にする希望。

子育てとの両立を考えての時間制限や、家族手当などの有無に関わるのでしたら、そうならざるを得ない。
ですが、配偶者控除による所得税軽減が目的なら、「待った!」です。

年収480万円の世帯で、配偶者控除による税負担の軽減は71,000円。
でも、年収140万以上で働いた方が、世帯の可処分所得(実際に使えるお金)は89,403円増える。
そして、ご本人の年金受給額は、年間157,900円アップ。

社会保険料負担のない年収130万以下ではたらきたいとの希望もありますが、加入条件が年収106万円に引き下げ予定。かつ、配偶者控除は廃止の方向。

ならば、子育て後のキャリアアップを見すえた働き方を考えた法が賢いかも。

子育て女性の働きが、大きく変わろうとしています。


ファイナンシャルプランニングランキングへ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。