So-net無料ブログ作成

純金積立はいつまで続けたらいいか? [お金を貯める・増やす]

「純金積立を続けて1年。このまま続けていいのかどうか迷っている。」

とのご相談を受けました。

純金積立のメリット・デメリットを整理しながら考えてみましょう。

純金積立は、分散投資の一つとして長期間継続することにメリットがある

純金積立は、他の金融商品に比べて価格の変動幅が小さく、手数料も多少割高です。
そのため、短期間に売買して利ざやを稼ぐというより、長期的に資産形成をするのに適しています

また、株式や債券、通貨とは価格変動の要因が違いますので、分散投資の一つとして組み入れると効果的です。

金投資の特性と純金積立のメリット・デメリットをもう少し詳しく見てみましょう。

1.金投資の特性
(1)株や債権、通貨と違って無価値になることがない
 株式や債券、通貨は発行元の信用によってその価値が決まります。
 株式であれば、企業の経営が悪化すれば株価は下がりますし、倒産した場合には価値は0(ゼロ)になってしまいます。
 通貨も同様です。国の状況によっては(内戦や動乱、経済危機など)価値がゼロになることもありえます。
 債権も、発行元が約束どおりに利子が払えなくなったり償還できなくなったりするリスク(デフォルト)があります。
 一方、現物(モノ)資産である金は、希少性や腐食することがない点などに世界的な信用力があるため、価格が下がるリスクはあるものの、価値がゼロになる事はありません。

(2)インフレに強い
 インフレの時には、現物(モノ)としての側面が発揮されるため、価格が上昇する傾向にあります。

(3)換金性が高い
 どこの国でも、当日の価格(金相場)で換金することが可能です。

(4)株式や債券と価格が変動する要因が違う
 長期的にみた場合、株価や通貨が下がると金価格は上がり、株価や通貨が上がると金価格は下がる傾向にあります。
 また債券は景気が下がると価格が上がり、景気が上がると価格が下がる傾向にありますが、金は逆の値動きをします。

以上のことから、預貯金や株式・債券投資などと組み合わせて取り入れておくと、よりリスクの少ない資産管理ができることになります。


2.純金積立のメリット・デメリット
<メリット>
 ・毎月一定額で金を購入するため、全体的な購入コストを抑えることができる(「ドルコスト平均法」参照)
 ・急激な価格変動の影響を受けにくい

<デメリット>
 ・元本割れのリスクがある
 ・年会費の他に手数料、売買単位によってはさらに手数料がかかる場合があり、取引コストは高め
  (取引会社を選ぶときにはコストを比較することを忘れずに)
 ・相場が上がったときには休止して相場が下がったら買い増しも可能(詳しくは取引会社にご確認ください)

<その他>
・地金に交換できる量になったら手元で保管→相場を見ながら売却できる
(500g以下の場合には引き出す場合にも売却時に手数料がかかるため、500gまでは貯めた方がお得)
・相場が下がった時には買い増し、相場が上がったときには休止をして、効率よく買うことができる。


3.純金積立と税金
 純金積立には利息はありませんが、売却したときの利益には所得税がかかります。
 通常は「譲渡所得」になりますが、頻繁に売買を繰り返した場合には「雑所得」になります。
いずれにしても、給与・利子・配当所得などと合算して総合課税(累進税率)されます。

■短期譲渡所得(保有期間5年以内)

課税所得=売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円

購入価格+手数料が130万円、売却価格が200万円だった場合は
20万円が課税所得です。

■長期譲渡所得(保有期間5年超)

課税所得={売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円}×1/2

購入価格+手数料が120万円、売却価格が200万円だった場合は
10万円が課税所得です。

なお、純金積立の場合、売却時点で保有期間が5年以内と5年超が混在します。
その場合は、保有期間ごとに分けて計算して合算する必要があります。


純金積立 試算例
では、以下のケースで試算してみましょう。

積立金額:7,000円
口座管理料:2,100円
年会費:なし
買付手数料:なし
2010年5月積立開始

純金積立_試算.jpg
※平均価格は、某社の価格を元にしています。なお、2011年4月分は、先週末までの平均価格です。
※計算はすべて四捨五入しています。



金1g当たりの平均買付け代金は、3,623円
1年間のコストは、手数料+積立額=86,100円

今売却すると・・・

20gの買い取り手数料:4,200円
買い取り価格:3,733円          の場合

3,766円×23g×1.05(消費税)-4,200円=87,489円
売却益 1,389円(所得税非課税)


この試算を元に、積立期間や売却・換金のタイミングを考えてみてください。

ブログランキングに参加しています。ぽちっとしていただけると励みになります。
[次項有]ファイナンシャルプランナーブログランキング
[次項有]FPブログランキング



nice!(71)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 71

コメント 8

はくちゃん

おはようございます
(^^)/

by はくちゃん (2011-04-28 09:00) 

ヒロミ

こんにちは!
純金積み立ては換金ではなく
売却になり所得税がかかるのですね(^_^)

by ヒロミ (2011-04-28 12:22) 

shige

こんばんは^^
by shige (2011-04-30 00:09) 

tomomame

投資も考えなくてはいけない時代だなぁとは思うのですが、きちんとした知識なくて手をつけると酷いことになるでしょうから…。
もう少し勉強させて頂きます^^;
by tomomame (2011-05-01 11:51) 

しげさん

はくちゃんさん、いつもありがとうございます。
by しげさん (2011-05-04 19:21) 

しげさん

ヒロミさん、コメント遅くなりました。
そうなんです、換金というのは手持ちの金を売却して現金に換えるということなんです。
ですから税金のことも考えておかないといけませんね。
by しげさん (2011-05-04 19:22) 

しげさん

shigeさん、こんばんは。これからもソネブロでお付き合いできそうで良かったです^^
by しげさん (2011-05-04 19:23) 

しげさん

tomomameさんも資産運用を考えていらっしゃるのですね。
リターンの大きいものはリスクも大きいですから、初めはローリスク・ローリターンのものから始めた方がいいと思います。
by しげさん (2011-05-04 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。